防犯カメラ

家庭用防犯カメラを選ぶ時は性能を確認

防犯カメラは犯罪を防ぐ切り札になりますが、犯罪の多い地域などの理由から完璧を求めるとかなり値段も高くなってしまいます。高性能で安くあげたいなら、ネットで使えるウエブカメラなどを防犯用に使うという手もあります。予算がかかっても安全最優先したいという人は赤外線カメラと録画機能があり、不審な人物にはクラクションのような音を出す機能付きもあります。最低限の機能でいいというのなら家の中から外部の様子を監視するだけという事になります。約一万円からです。
もちろんそれだけでもいいのは間違いないですが、録画機能があれば事件等の際の証拠として大変有利になる利点があります。因みに約5万円からあります。便利な機能として音声マイク搭載型というのがあり、録画のほかに音声もしっかり録音する事が出来ます。
また首振り機能付きもあり、家庭用防犯カメラの向きを自由自在見たいとこどこでも動かす事が可能です。また見る角度を広げるなど撮影の距離や範囲を調整する機能もあります。意外な効果は犯人をだますダミーカメラです。これがまた実に巧妙に制作されていて、本物のカメラそっくりに見えます。これを取り付けている人も多いそうです。このように家庭用防犯カメラと言っても多岐にわたり、自分が最低限必要なものと予算をよく考えて家庭用防犯カメラを購入してください。

家庭用防犯カメラの種類

みなさんの家には家庭用防犯カメラは設置されているでしょうか。現在はマンションやお店では入り口に設置されているとことが多く、また戸建ての家でも設置している家庭が増えていっています。今回はそどのような種類の防犯カメラ種類がるのかを紹介していきます。
家庭用防犯カメラは、大きく分けて2種類あり、いわゆる防犯カメラとネットワークカメラです。前者は関先や勝手口などへの設置やリビング、店内への設置しているものです。設置方法としては、ケーブルでの有線接続、無線電波を利用したワイヤレスタイプとがあり、基本的にカメラ自体に録画機能は無いため、録画を行う際には、別途ハードディスクレコーダーなど録画機との接続が必要となってきます。後者はインターネット回線を利用して、外出先からでもスマホなどから状況が確認することが可能となっています。家庭用防犯カメラには、屋内監視用カメラ、屋外監視用カメラ、ワイヤレス監視カメラ、ダミーカメラなどがあります。最初に挙げた二つにはボックス型やドーム型があります。
以上のような防犯カメラの種類があります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、みなさんのそれぞれの使用用途に応じて選んでいってください。

家庭用防犯カメラの優れている機能

犯罪に巻き込まれた時の決定的な証拠となるように、また防犯対策として威嚇となるように、など様々な理由から家に防犯カメラを設置するという方が増えてきました。家庭用防犯カメラは、家庭用というだけあって機能はあまりよくないのではと思われるかもしれません。
しかし、この家庭用防犯カメラはターゲットの姿をとても鮮明に録画する事が可能であり、家庭用とは侮れない高画像なものが非常に多くあります。さらに画像だけでなく、家庭用防犯カメラには様々な嬉しい機能が付いているんです。
家庭用防犯カメラの中には、レンズが動くタイプのものもあります。固定されたレンズでは一箇所のみを映すだけですが、レンズが動くものはターゲットの動きに合わせて映す範囲を広く取ることができます。実際レンズが動かないものは、ターゲットはそのレンズが向いている方向を避ければ録画撮影を避けることができませんが、レンズが動くタイプではそうはいきません。より防犯機能が高くなります。
また、動体検知機能がついていて、ターゲットが動いた時に撮影が開始されるというものもあります。録画も無限にできるわけではないので、このような機能は撮影の無駄を防ぐことができてより便利です。


エレックスシステムの家庭用防犯カメラで録画しましょう!物騒な世の中なので、家庭用に防犯カメラを設置することをおすすめします!家庭用ですので、値段も高くなく気軽に購入できます!録画をしていると、不審者の存在にも気づけるのです。

コンテンツ一覧

SITE MAP

イチオシ